2007年09月09日

出張日記3、シェルマーホルン(オランダ)

DSC01637.jpgDSC01642.jpg
ナールデンの後、アムステルダムへ。
翌日の打ち合わせの後、移動中に仕事先の方が風車で有名なところに連れて行ってくれた。
すべて現役で活躍している風車で畑にわき出す水を一段上の水路に汲み上げるもの。
横に歴史を公開した博物館(といっても小屋)があったが時間が無く見られなかった。
Shermerhorn
<http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=schermerhorn&sll=52.600148,4.873692&sspn=0.004998,0.008701&ie=UTF8&ll=52.599933,4.873456&spn=0.004998,0.008701&t=h&z=17&om=1>
posted by enigma at 23:18 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

出張日記3、シェルマーホルン(オランダ)

DSC01637.jpgDSC01642.jpg
ナールデンの後、アムステルダムへ。
翌日の打ち合わせの後、移動中に仕事先の方が風車で有名なところに連れて行ってくれた。
すべて現役で活躍している風車で畑にわき出す水を一段上の水路に汲み上げるもの。
横に歴史を公開した博物館(といっても小屋)があったが時間が無く見られなかった。
Shermerhorn
<http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=schermerhorn&sll=52.600148,4.873692&sspn=0.004998,0.008701&ie=UTF8&ll=52.599933,4.873456&spn=0.004998,0.008701&t=h&z=17&om=1>
posted by enigma at 23:18 | フランクフルト ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

2007年09月06日

出張日記2、ナールデン(Naarden)

naarden1.jpgnaarden2.jpg
ケルンの仕事が終わってその足でアムステルダムへ向かった。せっかく日本から来られているのでアムステルダムの手前のナールデンへ。
ここはどうも世界遺産らしい。
五稜郭のような(実は六稜角)構造で街がお堀と城郭に囲まれている気がつくと通り抜けているような小さな街。
30分ほどだったが街を歩いてきた。
世界遺産というのでとっても期待していったのだが、今一他の街と変わりがなかった。
たぶん、六稜角がメインなんだろうな。
でも、他にも何かあるはず。
次回またゆっくり探検しようと思った。
<http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=amsterdam&ie=UTF8&ll=52.294727,5.164733&spn=0.020131,0.034804&t=k&z=15&om=1>
posted by enigma at 05:54 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

出張日記2、ナールデン(Naarden)

naarden1.jpgnaarden2.jpg
ケルンの仕事が終わってその足でアムステルダムへ向かった。せっかく日本から来られているのでアムステルダムの手前のナールデンへ。
ここはどうも世界遺産らしい。
五稜郭のような(実は六稜角)構造で街がお堀と城郭に囲まれている気がつくと通り抜けているような小さな街。
30分ほどだったが街を歩いてきた。
世界遺産というのでとっても期待していったのだが、今一他の街と変わりがなかった。
たぶん、六稜角がメインなんだろうな。
でも、他にも何かあるはず。
次回またゆっくり探検しようと思った。
<http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=amsterdam&ie=UTF8&ll=52.294727,5.164733&spn=0.020131,0.034804&t=k&z=15&om=1>
posted by enigma at 05:54 | フランクフルト ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

2007年07月08日

5月のオランダ

cyu-rippu.JPG
5月、仕事でオランダに行ってきた。
アムステルダムから北西に約30キロくらいのアヴェンホルン(Avenhorn)とんぼ返りだったので数枚しか写真が取れなかったがやっぱり綺麗。ちょっと時間を割いてよかった!
オランダはキューケンホフが有名だがここはキューケンホフから北に数十キロのところ。この地域はチューリップ栽培のメッカ。昨年は5月に行ったが残念ながら収穫したあとだったので今年はラッキー。
昨年は地元の農家が集まるチューリップ品評会に仕事先の社長に連れて行ってもらった。ご近所みんなチューリップ農家。来ている人みんながファーストネームで呼び合う子供の頃からの付き合いらしい。
その時のことを思い出した。ヨコハマ、カワサキという名前のチューリップもあるんだよね。たぶんその農家の人が日本に行ったことがあってそのイメージで品種改良したんだと思う。
まっ平らなオランダ。海面下。いたるところに排水用の水路があってよくまあこんなに苦労して土地を作ったものだと感心する。
`[bvR.JPG`[bvT.JPG

もっと詳しくお知りになりたい方は、Avenhorn,Keukenhofなどで検索してください。
posted by enigma at 23:46 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

5月のオランダ

cyu-rippu.JPG
5月、仕事でオランダに行ってきた。
アムステルダムから北西に約30キロくらいのアヴェンホルン(Avenhorn)とんぼ返りだったので数枚しか写真が取れなかったがやっぱり綺麗。ちょっと時間を割いてよかった!
オランダはキューケンホフが有名だがここはキューケンホフから北に数十キロのところ。この地域はチューリップ栽培のメッカ。昨年は5月に行ったが残念ながら収穫したあとだったので今年はラッキー。
昨年は地元の農家が集まるチューリップ品評会に仕事先の社長に連れて行ってもらった。ご近所みんなチューリップ農家。来ている人みんながファーストネームで呼び合う子供の頃からの付き合いらしい。
その時のことを思い出した。ヨコハマ、カワサキという名前のチューリップもあるんだよね。たぶんその農家の人が日本に行ったことがあってそのイメージで品種改良したんだと思う。
まっ平らなオランダ。海面下。いたるところに排水用の水路があってよくまあこんなに苦労して土地を作ったものだと感心する。
`[bvR.JPG`[bvT.JPG

もっと詳しくお知りになりたい方は、Avenhorn,Keukenhofなどで検索してください。
posted by enigma at 23:46 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

2007年06月29日

オランダ・アムステルダム、コーヒーショップ(ドラッグカフェ)

coffee shop.JPGアムステルダムの街中には至る所にCoffee Shopと書かれたお店がある。ここはコーヒーショップで、コーヒーショップでない。Coffee Shopと書かれたお店では必ずドラッグが販売されている。オランダでは合法。レッドライトディストリクトのほぼ真ん中にThe Bulldogというお店を見つけた。外壁にはブルドックがやたらと描かれて、店の上にはブロンズのブルドック。The First Coffee Shopと書かれている。アムステルダムは昔からの貿易港なので最初にコーヒーを出した店なのか。それとも、今存在するCoffee Shopの最初のお店なのか?不明。次回確かめます。
いずれにしても中では短く細いタバコを吸っていたので明らかに今のコーヒーショップ。オランダは理性を尊ぶ国。レンブラントなどの画家の絵で、テーブルには食べ散らかした食物、お酒、その周りにはお行儀の悪い姿勢や食べ方をしている人の描かれた”酒池肉林”のものが多く残っている。これは、絵とは反対に贅沢を諫めるためのもの。オランダ人は倹約家で質素です。理性をきっちりと持つことがオランダ人の誇り。ドラッグも完全に取り締まるのではなく、自らの理性の元で。ということだろう。”ろれって”る人を見たことがない。レッドライトディストリクトとは所謂”飾り窓”のある赤線街。古くから船員さんが出入りする港町には必ずこういう場所がある。ドイツはハンブルグのレーパーバーンが有名。どちらも陰湿さはまったくない。(アジアはどうして陰湿なんだろう)夫婦で、時には子供連れで散歩している人もたくさんいる。必要な人にとっては必要な場所。因みにこの地域はアムステルダムで最も治安が良い地域です。
話が反れたね。
純粋にコーヒーを飲みたい方はCoffe Shopの表示のないカフェでどうぞ。
とっても素敵な街ですよ!!Amsterdam1.jpgCS2.jpgAmsterdam3.jpg
posted by enigma at 01:02 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

オランダ・アムステルダム、コーヒーショップ(ドラッグカフェ)

coffee shop.JPGアムステルダムの街中には至る所にCoffee Shopと書かれたお店がある。ここはコーヒーショップで、コーヒーショップでない。Coffee Shopと書かれたお店では必ずドラッグが販売されている。オランダでは合法。レッドライトディストリクトのほぼ真ん中にThe Bulldogというお店を見つけた。外壁にはブルドックがやたらと描かれて、店の上にはブロンズのブルドック。The First Coffee Shopと書かれている。アムステルダムは昔からの貿易港なので最初にコーヒーを出した店なのか。それとも、今存在するCoffee Shopの最初のお店なのか?不明。次回確かめます。
いずれにしても中では短く細いタバコを吸っていたので明らかに今のコーヒーショップ。オランダは理性を尊ぶ国。レンブラントなどの画家の絵で、テーブルには食べ散らかした食物、お酒、その周りにはお行儀の悪い姿勢や食べ方をしている人の描かれた”酒池肉林”のものが多く残っている。これは、絵とは反対に贅沢を諫めるためのもの。オランダ人は倹約家で質素です。理性をきっちりと持つことがオランダ人の誇り。ドラッグも完全に取り締まるのではなく、自らの理性の元で。ということだろう。”ろれって”る人を見たことがない。レッドライトディストリクトとは所謂”飾り窓”のある赤線街。古くから船員さんが出入りする港町には必ずこういう場所がある。ドイツはハンブルグのレーパーバーンが有名。どちらも陰湿さはまったくない。(アジアはどうして陰湿なんだろう)夫婦で、時には子供連れで散歩している人もたくさんいる。必要な人にとっては必要な場所。因みにこの地域はアムステルダムで最も治安が良い地域です。
話が反れたね。
純粋にコーヒーを飲みたい方はCoffe Shopの表示のないカフェでどうぞ。
とっても素敵な街ですよ!!Amsterdam1.jpgCS2.jpgAmsterdam3.jpg
posted by enigma at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/オランダ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。