2008年09月16日

Ribeauville(F)、リボーヴィル(アルザス)

DSCF2972.JPG


アルザスには山の麓に広大なブドウ畑が広がる。

山沿いには小さな街が点在する。

その中でもリボーヴィルはフランス人、ドイツ人の観光客が多い。

名物はコウノトリとFlammkuchenフランスのピザという感じのもので軽くて美味しい。


http://web.me.com/enigmad

posted by enigma at 09:19 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/フランス

2008年09月14日

洞窟のホテル Les Hautes Roches


仕事先がテゥール(Tours)の近くにあるのでいつも泊まるのはテゥルの町。 
今回はお客さんと一緒だったので少し変わったホテルの泊まった。 

洞窟ホテル。 

この地域はロワール河の渓谷の岩盤にトンネルのようにワインセラーを作ったり、住居を作っているのも特徴。 
一年中ほぼ同じ気温を保てるので、夏は涼しく、冬は暖かく暖房もあまり必要ない。 
テゥールはロワール古城巡りの基地でもあり、ワインの産地の中心でもある。 
テゥールの上流は白ワイン、下流は赤ワインが主となっている。 

私は母屋の普通の部屋に、お客さんは洞窟の部屋に宿泊してもらった。 

写真は以下です。 
http://web.me.com/enigmad

Les Hautes Roches/Rochecorbon 
http://www.leshautesroches.com 
posted by enigma at 06:05 | フランクフルト ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅/フランス

2008年05月18日

Colmar(コルマール)、アルザス、フランス

DSC02943.jpg

日頃お世話になっているクライアントでもあり、マイミクさんでもあるBatayanさんご夫婦が我が家を訪ねてきてくれました。

 

ありがたや!

 

姪っ子がこの近くの学校に3年も居たのに、入学式の時に姉が泊まっていたホテルに迎えに行っただけで、じっくり訪問できなかったこの街。 


お陰様でご一緒に行くことが出来ました。

 

戦争の度にドイツ領になったり、フランス領になったりしたこの街。

 

フランスで最大のワイン出荷量を誇るアルザスの中心の街。

 

他の写真は以下に掲載しています。

見てみてね!!

   ↓

http://web.mac.com/enigmad/enigma_Photo_Album/Colmar%28F%29.html
posted by enigma at 09:49 | フランクフルト ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 旅/フランス

2007年07月10日

アルザス・リボーヴィル、写真

DSCF2972.jpg
アルザス・リボーヴィル、その2です。
リボーヴィルはアルザスのど真ん中に位置していてご存じの通りワインの産地。街の周りは全てブドウ畑。
もう一つ有名なのがコウノトリ。冬トルコで越冬したコウノトリたちが3月頃にはここに戻ってきて新しい命を授かり、秋にまたトルコ方面に帰る。
あとは写真をご覧いただければどんな街かおわかりいただけると思います。
DSCF2973.jpgDSCF2974.jpgDSCF2975.jpgDSCF2976.jpgDSCF2977.jpgDSCF2978.jpgDSCF2979.jpgDSCF2980.jpgDSCF2981.jpgDSCF2982.jpgDSCF2983.jpgDSCF2984.jpgDSCF2985.jpgDSCF2986.jpgDSCF2987.jpgDSCF2989.jpgDSCF3024.jpgDSCF3019.jpgDSCF3018.jpgDSCF3016.jpgDSCF3015.jpgDSCF3014.jpgDSCF3013.jpgDSCF3011.jpgDSCF3009.jpgDSCF3008.jpgDSCF3006.jpgDSCF3002.jpgDSCF3001.jpgDSCF2999.jpgDSCF2998.jpgDSCF2997.jpgDSCF2995.jpgDSCF2994.jpgDSCF2991.jpgDSCF2990.jpgDSCF2971.jpg
posted by enigma at 05:30 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/フランス

アルザス・リボーヴィル、写真

DSCF2972.jpg
アルザス・リボーヴィル、その2です。
リボーヴィルはアルザスのど真ん中に位置していてご存じの通りワインの産地。街の周りは全てブドウ畑。
もう一つ有名なのがコウノトリ。冬トルコで越冬したコウノトリたちが3月頃にはここに戻ってきて新しい命を授かり、秋にまたトルコ方面に帰る。
あとは写真をご覧いただければどんな街かおわかりいただけると思います。
DSCF2973.jpgDSCF2974.jpgDSCF2975.jpgDSCF2976.jpgDSCF2977.jpgDSCF2978.jpgDSCF2979.jpgDSCF2980.jpgDSCF2981.jpgDSCF2982.jpgDSCF2983.jpgDSCF2984.jpgDSCF2985.jpgDSCF2986.jpgDSCF2987.jpgDSCF2989.jpgDSCF3024.jpgDSCF3019.jpgDSCF3018.jpgDSCF3016.jpgDSCF3015.jpgDSCF3014.jpgDSCF3013.jpgDSCF3011.jpgDSCF3009.jpgDSCF3008.jpgDSCF3006.jpgDSCF3002.jpgDSCF3001.jpgDSCF2999.jpgDSCF2998.jpgDSCF2997.jpgDSCF2995.jpgDSCF2994.jpgDSCF2991.jpgDSCF2990.jpgDSCF2971.jpg
posted by enigma at 05:30 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/フランス

2007年07月03日

フランス・アルザスの中心地、リボ−ヴィル

仕事でスイスに行った帰り、日本からの方が一緒だと必ず寄ってご案内する街。
リボーヴィル。 Ribeauville1.jpg
スイス、バーゼルから北に上がってフランクフルトに向かうには2種類の高速が選べる。2本ともライン河に沿って走っている。一つは5号線(ドイツ側)、もう一つはE25号線(フランス側)ドイツ側は早いけど、混むし、みんなイライラして走っているのでほとんどフランス側を通る。
リボーヴィルはアルザスのど真ん中に位置するワインの街(村といったほうがいい)。
スイス、バーゼルからフランス側に出れば簡単に行ける。
高速は途中自動車道に変わり、ストラスブールの手前でまた高速となるが、ちょうど中間点がコルマール(Cormar)。コルマールから5分ほど走れば左側がもう一面のブドウ畑。
リボーヴィルはどいち人、フランス人などの観光客も非常に多い。
結構観光地化(といってもヨーロッパ人がほとんど)されているが、とっても綺麗な街。
アルザスはコウノトリの名所でもある。市庁舎や大きな建物の上にはコウノトリの巣が設置してあって毎年越冬を終えたコウノトリがトルコなどからやってくる。
3月に行ったときにはもう来ていた。
街道沿いは小さな村が転々としていてそれぞれの村にワイン屋さんがあり、試飲も出来る。
この地域は大きな戦争のたびにドイツになったり、フランスになったりしていたからドイツ語を話す人も多い。
リボーヴィルはフランス語の名前だけど、周りの村はほとんどがドイツ語の名前です。
そうそう、この地域の名産はフラムクーヘン。フランス式のピザのようなもので様々なトッピングもできるが、基本はベーコン、オニオン、サワークリームです。ここはとってもお勧めです。 Ribeauville3.jpgRibeauville2.jpg
後ろに見えるのはカイザーブルクもっと詳しく知りたい方は、Ribeauvilleリボーヴィル,Alsace,アルザス、Colmar、コルマールなどで検索してください。
posted by enigma at 07:23 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/フランス

フランス・アルザスの中心地、リボ−ヴィル

仕事でスイスに行った帰り、日本からの方が一緒だと必ず寄ってご案内する街。
リボーヴィル。 Ribeauville1.jpg
スイス、バーゼルから北に上がってフランクフルトに向かうには2種類の高速が選べる。2本ともライン河に沿って走っている。一つは5号線(ドイツ側)、もう一つはE25号線(フランス側)ドイツ側は早いけど、混むし、みんなイライラして走っているのでほとんどフランス側を通る。
リボーヴィルはアルザスのど真ん中に位置するワインの街(村といったほうがいい)。
スイス、バーゼルからフランス側に出れば簡単に行ける。
高速は途中自動車道に変わり、ストラスブールの手前でまた高速となるが、ちょうど中間点がコルマール(Cormar)。コルマールから5分ほど走れば左側がもう一面のブドウ畑。
リボーヴィルはどいち人、フランス人などの観光客も非常に多い。
結構観光地化(といってもヨーロッパ人がほとんど)されているが、とっても綺麗な街。
アルザスはコウノトリの名所でもある。市庁舎や大きな建物の上にはコウノトリの巣が設置してあって毎年越冬を終えたコウノトリがトルコなどからやってくる。
3月に行ったときにはもう来ていた。
街道沿いは小さな村が転々としていてそれぞれの村にワイン屋さんがあり、試飲も出来る。
この地域は大きな戦争のたびにドイツになったり、フランスになったりしていたからドイツ語を話す人も多い。
リボーヴィルはフランス語の名前だけど、周りの村はほとんどがドイツ語の名前です。
そうそう、この地域の名産はフラムクーヘン。フランス式のピザのようなもので様々なトッピングもできるが、基本はベーコン、オニオン、サワークリームです。ここはとってもお勧めです。 Ribeauville3.jpgRibeauville2.jpg
後ろに見えるのはカイザーブルクもっと詳しく知りたい方は、Ribeauvilleリボーヴィル,Alsace,アルザス、Colmar、コルマールなどで検索してください。
posted by enigma at 07:23 | フランクフルト ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅/フランス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。